ゼロ金利政策と住宅ローンの関係

 

 

日銀が10月5日に、実質ゼロ金利政策などの金融緩和策を実行しました。

ゼロ金利政策が実行されたことで、
長期金利と連動する住宅ローン金利の低下が見込めます。

住宅ローン金利が下がるということは、家を買うチャンス!
と、多くの住宅会社は、『今が買い時です』というセールストークを使ってくることが予測されます。

もちろん、住宅ローン金利が下がることは、買い時です。

しかし、、これまでの日銀の超低金利政策などで、
既に大手行の住宅ローン金利はすでに、低水準で推移していました。
正直、「これ以上の低下余地は少ない」との見方もあります。

つまり、ゼロ金利だからといって、買い時・買い時と、
セールスをしてくる営業マンには、注意が必要です。

ちゃんと、いい家を見極めて、いい家づくりのパートナーをみつけてください。

 

平和地建のブログ記事一覧はこちら

【旧】平和地建のブログ