年収で、住宅の購入価格を決めるのは・・・

 

一般的に、年収の25%~30%の間で、
年間の支払い額がおさまる住宅ローンを組めば大丈夫!!

そんな認識を持たれている方がたくさんいます。
しかし、この考え方は非常に危険な一面を持っています。
例えば、年収400万円台の家庭と、
年収700万円台の方では、このパーセンテージは変わりますし、
さらには、生活の仕方によっても、変わります。
例えば、

光熱費や保険に多くの支払いをしている家庭、
さらにはムダ使いの多い家庭は、
年収の20%程度の支払いになる住宅ローンを組んだとしても、
月の収支が赤字になってしまう。

ということもあるのです。
全てにおいて平均的な家庭であればよいのですが、
そういう訳にはいきません。

家を買っても普通にやっていける。と思っていたら・・・
我慢だらけの生活になってしまった!!
なんてことにならないためにも
事前に、家庭の生活サイクルを確認しておくことが大切です。
住宅購入にあたって、増加する生活費・減少する生活費を事前に計算し、
我慢しない資金計画を立てましょう!

家は、住んでからが大切ですからね。

平和地建のブログ記事一覧はこちら

【旧】平和地建のブログ