暮らしのお役立ち情報(スタッフブログ)

こんにちは。営業事務の田中です。
まだまだ寒い日が続きますが、暦の上では春の訪れを感じられる頃。少しずつ寒さが緩み始めるこれからの時期は、普段から雪の多い日本海側だけでなく、太平洋側の地域でも降雪を記録することが珍しくありません。
雪は、降る時期や気象条件などによって、その形や呼び名が変わることがあります。たとえば、俳句には“春の雪”という季語がありますが、これは立春のあとに降る雪のことを指します。淡雪(泡雪・沫雪)とも呼ばれ、降ってもすぐに溶けてしまうのが特徴です。ふわふわとして大きな“ぼたん雪”、“綿雪”や“玉雪”も同様で、比較的気温が高いときに見られます。また、冬の終わりに降る雪には“終雪”や“名残雪”という名が付けられています。時には空を見上げて、冬ならではの風情を楽しんでみるのもいいかもしれませんね。
とはいえ、本格的な春の到来はまだ少し先。この時期は雪による災害や交通トラブルも多く発生するため、しばらくは十分な注意が必要です。

—-☆———-☆—-☆———☆CONTENTS☆———–☆—-☆———-☆—-

今が旬の大根を使ったレシピです♪

昨日TVを見て得た知識ですが、先が丸みを持っている大根のほうが美味しいらしいですよ!

 

 

 

今、使っている寝具って自分に合っていないかも!!

スッキリと目覚めることができない…という方は、そんな可能性もあります。

ぜひ、自分にあった寝具で快適な睡眠を手に入れませんか??

 

平和地建のブログ記事一覧はこちら

【旧】平和地建のブログ