歯磨き改訂版

こんにちは。北九州支店の佐藤です。

先日、本社に研修に行った時にちょうどお昼休みでしたので本店営業部のスタッフの皆さんが食後の歯磨きをされていましたので

私「歯磨きしてるんですか?」

○長「当たり前じゃないですか。営業マンとして常識でしょ?」

更に驚愕の光景を目の当たりにしました。

私がまだ本店で営業していた時に全くしていなかった課○まで歯磨きをされているじゃないですか( ´艸`)

私自身もブログで何度か歯に関する話題を書いていますのでその歯磨きの光景を見ながら心の中で思った事は取り組む姿勢は素晴らしいのですが非常に惜しいです。

折角、食後の歯磨きをするならばちょっとだけ改善しましょう!!

今から前にも書いた歯磨きを基に改善点をお伝え致します。

① まず、初めに何もつけていない歯ブラシで歯を磨きます。

イメージ的には靴磨きですね。

靴を磨く時いきなり靴墨を靴に塗りますか?

まずは、ブラシで靴の表面についた埃、汚れを落としますよね。

歯磨きも一緒でまずは表面についた汚れを落とします。

そのまま歯磨き粉をつけて磨くと口の中で汚れを落としてるのか、何をしているのかわかんないですよね?

② 歯間ブラシにて歯の間の汚れを落とします。

③ 今度はフロー(糸ようじ)歯の隙間の汚れを取ります。

④ 更にピーキュア(細い歯ブラシ)で歯と歯茎の間の汚れを落とします。

⑤ ここで歯磨き粉を付けて磨いていきます。

ここで、前にもブログで書いたように最後はマウスウォッシュで濯いで終わりだったのですが、今回は改定版ですのでここからが本番です。

読者の皆様、①の文章でお気づきだと思います。

歯ブラシはあくまでも歯の表面しか磨けない事をお気づきですよね?

では、ここから何をすべきか?

賢い読者の皆様。ご名答でございます。

②~④の工程に歯磨き粉を付けて磨き、細かく仕上げていきます。

その作業が終わってからマウスウォッシュで口を濯いで歯磨き終了となります。

ここまでして

「営業マンとして当たり前じゃないですか?」

って、言えると私は考えておりますが如何でしょうか?( ´艸`)

前にも書いたように

「磨くのと磨けているのは違う」

合言葉は

「80歳まで歯を20本残す。」

今回のブログはここで終わりです。

読者の皆様におかれましても歯磨きの大切さが伝わればいいかなと思います。

次回は本来の釣りブログをお届け出来ればと思います。

皆様、最後までご拝読頂きありがとうございます。

では、また次回宜しくお願い致します。

平和地建のブログ記事一覧はこちら

【旧】平和地建のブログ