100円玉のお話です。

こんにちは。

北九州支店の佐藤です。

今回は、先日、ちょっと嬉しい?出来事があったので書かせて頂きます。

910日(火)のお昼休みに近所のお弁当屋さんで注文したお弁当の代金を支払い

お釣りをもらったところ

 

 

分かります?

もらったお釣りの中にキラキラした百円玉を見つけて確認したところ、平成31年製造の

百円玉が2枚混じっていました。(笑)

 

ここで、ちょっと興味が湧いたのでネットで色々と調べてみました。

まず、平成31年の百円玉が何枚製造されたかというと、財務省の発表によりますと

373,688枚

 

さて、ここからは確率のお話です。

この平成31年製造の百円玉を北は北海道、南は沖縄まで所有している人数を日本全体の

人口で割ると

1億2623万人(201981日現在)÷373,688枚=337.795....

日本全体で約337人に1人の割合で所有していることになります。

 

確率でいうと

1÷337=0.0029673×100=0.29%

 

なんとなく手に入りそうと思った、そこの読者の皆さん!!

この数字は日本全体での可能性ですからね(笑)

 

では、福岡県内ではというお話ですよね。

現在の福岡県全体の人口は県のホームページによると

201992日現在 5,109,874人

 

5,109,874人÷337人=15,162.830人

福岡県全体での人口で考えると15,162人に1人が所有していることになります。

では、所有する確率は

1÷15,162人=0.0000659×100=0.000659%

この数字の凄さ?を、どう伝えていいのかよくわからないのですが、なんとなく

凄いような気がしますよね?

 

 

しかも、福岡県内では15,162人に1人の割合でしか所有出来ないこの平成31年製造の百円玉を私はなんと

4枚所有しております。(昼に北九州で2枚、夜に福岡市内で2枚、しかも同日に入手)

 

では、ここで皆さんも気になるのはこの百円玉がプレミアなど価値がどうなっているかということですよね?

 

勿論、ネットで調べましたよ。

調べましたところ、特に何もなかったです(泣)

 

100円玉が一番多く製造されており、1円玉の製造が1番少なく1000枚の

ようですので、1円玉にプレミアがついているようです。

 

実際にオークションサイトで見たものになると、ロール1本(50円)で3,000円で入札されていました。

(即決価格は170,000円に設定されていました。)

 

私もこの時からお釣りをよく見るようになりました(笑)

 

今後、皆様もお買い物されてお釣りをもらう際は、注意深くみて下さい。

そのお釣りの中に平成31年製造の硬貨が混じっているかもしれませんよ。

 

特に1円玉が混じっていた時には……

 

その確率は奇跡ですよね。

 

今回は釣りの話題を書いていこうと思ったのですが、この話題を書いてみました。

次回は釣りの話題を書きますよ!!(釣果次第ですけど)

 

いつもご拝読頂き、ありがとうございます。

 

次回も宜しくお願い致します。