· 

世の中で一番高価なお買い物?

こんにちは。

北九州営業所の佐藤です。

今回は、高価な買い物というタイトルで書きたいと思います。

さて、一生で一番高価なお買い物ってなんでしょう?

世の中には高価な物ってたくさんありますよね。

私達が日頃、お客様にご紹介している不動産も一生で一番高価なお買い物と言われていますが、私が考えます所……..

ズバリ「生命保険」ではなでしょうか?

先日、加入している保険会社から契約更新のお知らせが来ました。

当時、何も考えずに入った保険でしたが改めて内容を確認すると

65歳までに死亡すれば保険金が入ってくるが、65歳までに死亡しなければ、それまでに納めた保険料はほとんどが保険会社の懐に入って終わり。。。

更に当たり前の話ですが、死亡リスクが年齢的に高くなれば同じ保障内容でも掛け金が上がり、今回の見直しでは2倍になっていました(泣

だいたいの生命保険ってこういう内容だと思います。

実際に過去に聞いた話で死亡保障を受け取る割合は、100人中4人。約4%との事。

残り96%は?ってなりますよね。

そこで、今回の見直しについて保険会社の担当者と電話にてお話をしてこちらからある提案をしてみました。

その提案の内容は「払い済み」で契約を継続出来ないかどうか。

払い済みとはざっくりとした説明にはなりますが、既に支払った保険料を基に保障内容を見直して、今後は掛け金を支払わず死亡した際にその金額を受け取れるようにする事です。

これに切り替えることにより、今後掛け金を支払わず保障内容を残すって事ができればいいのですが、実際に担当者から払い済みをした場合、受け取れる金額は約10分の1になると……..

10分の1になる理由として医療保障を手厚くしており、死亡保障部分にはあまり保険を掛けていなかった、、、、だから、払い済みにしても保障が多くならないらしいです。

(医療保障を受けなければならない病気になる可能性ってどれくらい?)

もう、よくわからないです。

そんなに甘くはないですよね。保険会社が損するわけは・・・・・

当然、更新はお断りして今まで支払った掛け金より解約返戻金をもらう事にしました。

更新を断った理由としては、掛け金が倍になるのもありましたが、一昨年、住宅ローンを組んで中古マンション購入する際に、団体信用生命保険の他、ガン、心筋梗塞、脳卒中の3大疾病のいずれかになった際に住宅ローンが無くなる保険を金利オプションで加入していましたので、お金は残りませんが死亡しなくても不動産という物は残せるようにしていたのもあり、更新をお断りしました。

今回のお話は決して生命保険を否定するものではありません。やはり何かあった時の備えは必要です。家族に保障を残す事は大切なことですが、その保障内容は果たしてあっているのかどうか?よく聞く保険貧乏になっていないか?ここをよく理解する事が今回の保険の更新の話で伝えたい事でした。

(加入者に有益なお宝保険は存在……..

私自身、マンションを購入した時期に入院保険には加入しました。

その際に担当して頂いたかたから商品の内容をいくつか提案されました。満期になれば幾ら受け取れますとか、年金型の保険等いろいろご提案いただきましたが、結局、掛け金の安い掛け捨ての入院保険に加入しました。

身の丈にあった保険に入ったと思います。

やはり、高価な買い物と思いますので、必要最低限、よく内容を把握していい話ばかりを聞くのでなく、リスクになる部分も聞いた上で納得してから加入することが大切だと思います。

最後に私も不動産の営業をしていてお客様とお取引をさせて頂く際に、先程も書きましたように住宅ローンには、団体信用生命保険、金融機関によっては金利オプションにて病気した際にローンが無くなる商品等もありますので、購入後、生命保険の見直しをされるお客様も多くおられます。

皆様も一度、この機会に改めて加入している生命保険の内容をご確認・見直しされては如何でしょうか?

 

今回は以上です。最後までご拝読頂きありがとうございます。